Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ

検索サイトで上位に表示されたサイトであっても、悪質なサイトである可能性は否定できず、サイトのURL、運営者や連絡先、暗号化通信の有無などを確認するよう求めている。

さらにオンラインバンキングの不正送金マルウェアがクレジットカード情報を窃取するケースも確認されているとして、見慣れない画面が表示された場合は情報を入力せず、カード会社へ連絡するよう呼びかけている。

20180403_jc_002.jpg
フィッシングサイトの例(画像:JC3)

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減