Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用

3月は、フィッシングで悪用されたURLが前月比約84.4%増と急拡大した。報告件数についても約1.7倍に増加している。

フィッシング対策協議会によれば、同月に寄せられたフィッシング攻撃の報告は9万7163件。1日あたり約3134.3件の報告が寄せられた。2カ月連続で減少していたが、前月の5万5502件から約75.1%増と一転急増している。

フィッシングサイトに悪用されたURLは4万4228件。1日あたりに換算すると約1426.7件となる。2023年11月以降増加が続いているが、2万3988件だった前月から目立って増加。2023年11月の4倍以上の規模に膨らんでいる。

前月に引き続き、「Cloudflare Workers」で付与できるサブドメインや短縮URLをリダイレクト用URLとして悪用するケースがあとを絶たず、URL件数の約61.1%を占めている。

フィッシングサイトに悪用されたトップレベルドメインとしては、「.com」が約51.4%で最多。「.dev(約17.8%)」「.cn(約12.0%)」「.ru(約6.2%)」「.ly(約1.9%)」「.top(約1.8%)」が続く。

20240412_ap_001.jpg
フィッシング報告とURL件数の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正