Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加

2017年第4四半期は、約6336万件の新種マルウェアが見つかり、過去最悪だったとするレポートをマカフィーが取りまとめた。新種ランサムウェアも前四半期比35%増と拡大している。

20180328_ma_003.jpg
マルウェア亜種の検出数推移(グラフ:マカフィー)

同四半期に同社があらたに検知したマルウェアは、前四半期比32%増となる約6336万件。四半期ベースで過去最悪となった。これまでの総計は約6億9000万件となった。

2016年第4四半期以降、増加傾向が継続。ランサムウェアや「Facebook」を勝手に操作する「Faceliker」などの増加なども影響した。同四半期に検出された新種ランサムウェアは、前四半期比35%増となる約208万件。「Faceliker」は約376万件が検知された。

ランサムウェアは、直近1年間で59%と高い増加率を示しており、同四半期末におけるランサムウェアサンプルの総数は約1480万件に達している。記者説明会に登壇したセールスエンジニアリング本部本部長の櫻井秀光氏によれば、Windowsを対象とした「Genasom」のほか、Androidで端末をロックする「AndroidLock」などの増加が背景にあるという。

(Security NEXT - 2018/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加