Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加

同四半期にあらたに検知されたマクロマルウェアは、約14万4000件で前四半期比で53%の増加。ただし、2017年全体では前年比で35%減となった。

20180328_ma_001.jpg
記者説明会に登壇した櫻井氏

一方「PowerShell」を悪用するファイルレスマルウェアは、約1万6600件を検知しており、前四半期比267%の増加。1年間を通じて見ると、前年の5倍以上とファイルレスマルウェアの悪用が目立っている。感染経路はメールが中心で、添付ファイルなどに注意が必要だという。

JavaScriptベースのマルウェアは約432万件で前四半期より9%減少した。メール経由の検出が中心だという。またこれらには、「Coinhive」をはじめ、ブラウザ上でマイニングを行うスクリプトについてもマルウェアとして検出しており、これら統計に含まれるという。

(Security NEXT - 2018/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目