Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文

「memcached」を踏み台としたDDoS攻撃において、送信されたデータに金銭を要求する脅迫文が含まれていたことがわかった。金銭を払っても攻撃が止むことは期待できず、要求に応じないよう注意が呼びかけられている。

DDoS攻撃の実施をちらつかせ、金銭を要求する脅迫は、「ランサムウェア」になぞり、「ランサムDDoS攻撃」などとも呼ばれ、これまでも確認されているが、拡大する「memcached」のリフレクション攻撃に対処しているAkamai Technologiesでは、今回の攻撃に関連する脅迫文を確認したという。

20180308_at_001.jpg
Akamaiが公開した攻撃パケットの一部

従来はメールにて脅迫文が送りつけられるケースがほとんどだったが、今回の「memcached」を利用したリフレクション攻撃の一部では、送りつけられた攻撃トラフィック内に金銭を要求するメッセージが埋め込まれていた。

攻撃トラフィックに攻撃者のウォレット情報を記載するとともに、約200万円弱相当の仮想通貨「Monero」を送信するよう求める。

(Security NEXT - 2018/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加