Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文

「memcached」を踏み台としたDDoS攻撃において、送信されたデータに金銭を要求する脅迫文が含まれていたことがわかった。金銭を払っても攻撃が止むことは期待できず、要求に応じないよう注意が呼びかけられている。

DDoS攻撃の実施をちらつかせ、金銭を要求する脅迫は、「ランサムウェア」になぞり、「ランサムDDoS攻撃」などとも呼ばれ、これまでも確認されているが、拡大する「memcached」のリフレクション攻撃に対処しているAkamai Technologiesでは、今回の攻撃に関連する脅迫文を確認したという。

20180308_at_001.jpg
Akamaiが公開した攻撃パケットの一部

従来はメールにて脅迫文が送りつけられるケースがほとんどだったが、今回の「memcached」を利用したリフレクション攻撃の一部では、送りつけられた攻撃トラフィック内に金銭を要求するメッセージが埋め込まれていた。

攻撃トラフィックに攻撃者のウォレット情報を記載するとともに、約200万円弱相当の仮想通貨「Monero」を送信するよう求める。

(Security NEXT - 2018/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から