Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、相次ぐDDoS攻撃による恐喝に注意呼びかけ - 「屈しないことが重要」

ラックは、ウェブサーバへのDDoS攻撃を通じた恐喝行為に対する相談が企業から相次いで寄せられているとして、注意を呼びかけるとともに対処法を公開した。

同社が確認した恐喝行為は、企業のウェブサーバへのDDoS攻撃を行い、サイトの閲覧を困難にさせた上で、攻撃を止める引き替えに金銭を要求するもの。同社窓口には、4月後半から相談が相次いで寄せられているという。相談のなかには、平常時の40倍以上にあたる800Mbpsのトラフィックが発生したケースもあった。

同社では、こうした攻撃に対して「恐喝に屈しない」という姿勢や早急な対応が重要と指摘。対策として、被害を受けたサーバや攻撃元のIPアドレス、脅迫内容、攻撃手法など調べた上で、警察のサイバー犯罪相談窓口やISPに相談することを挙げている。

また利用回線の増強やDDoS攻撃対策ソリューションを導入するなど、技術的な予防策を講じることも重要とし、ISPに対しても、こうした相談へ対応できるよう準備することを勧めている。

(Security NEXT - 2008/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ