Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る

要求に応じないとオンラインサービスへDDoS攻撃を行うなどとして、金銭を支払うよう要求する脅迫メールが、今週に入り出回っていることがわかった。

脅迫メールについて複数組織より報告を受けているJPCERTコーディネーションセンターによれば、9月19日ごろより、「Phantom Squad」を名乗るグループから、国内外の組織へ脅迫メールが送りつけられているという。

DDoS攻撃によりサービス停止に追い込むことをちらつかせ、金銭を要求するケースとしては、6月に「Armada Collective」を名乗るグループが確認されている。

今回確認された脅迫メールには、「Armada Collective」のメールと類似する点が見られる一方、送付先の宛先を指定せずに広く拡散するなど、異なる特徴も確認されている。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園