Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る

要求に応じないとオンラインサービスへDDoS攻撃を行うなどとして、金銭を支払うよう要求する脅迫メールが、今週に入り出回っていることがわかった。

脅迫メールについて複数組織より報告を受けているJPCERTコーディネーションセンターによれば、9月19日ごろより、「Phantom Squad」を名乗るグループから、国内外の組織へ脅迫メールが送りつけられているという。

DDoS攻撃によりサービス停止に追い込むことをちらつかせ、金銭を要求するケースとしては、6月に「Armada Collective」を名乗るグループが確認されている。

今回確認された脅迫メールには、「Armada Collective」のメールと類似する点が見られる一方、送付先の宛先を指定せずに広く拡散するなど、異なる特徴も確認されている。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ