Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大

放送大学のメールアカウントが乗っ取られ、不特定多数に対する迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことがわかった。

放送大学学園によれば、メールサーバが外部より不正アクセスを受けたもので、踏み台として悪用され、不特定多数のメールアドレスに対して迷惑メールが送信されていたという。

10月27日10時過ぎから問題が判明した11月9日0時ごろにかけて、あわせて14万3000件のメールが送信された。今回の不正アクセスによる他サーバへの侵入や、情報漏洩については否定している。

同大では、問題のアカウントを停止。再発防止に向けて監視を強化するとともに、サーバやパスワードの脆弱性について調査を実施するとしている。

(Security NEXT - 2017/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
NTTドコモのWi-Fiルータに脆弱性 - ゼロデイ攻撃でマルウェア感染も発生か
市民大学のメールアカウントが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メールアカウント乗っ取りで迷惑メール約4万通 - ボランティア情報サイト
職員のメールアカウントがスパム送信の踏み台に - 国立環境研究所
公取委の審決DBサーバに不正アクセス - スパムの踏み台に
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
不正アクセスでオープンデータサイトが攻撃の踏み台に - 岡山県
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大