Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業

カスペルスキーは、2017年上半期において、同社製品が保護している産業用制御システムの37.6%で攻撃を検知したことを明らかにした。

同社によれば、2017年上半期において、同社製品が保護する制御システムのうち、37.6%で攻撃を検知。2016年下半期からは1.6ポイント減となった。

「ベトナム」では71%に及び、「アルジェリア(67.1%)」「モロッコ(65.4%)」「インドネシア(58.7%)」「中国(57.1%)」のほか、上位10カ国では半数以上の端末で攻撃を検知したという。

制御システムの20.4%では、悪意あるウェブサイトなどへのアクセスなどにより、インターネット経由でマルウェアがダウンロードされていた。リムーバブルメディア経由の検知が9.6%、メールが3.9%だった。

日本国内に目を移すと、21.9%の制御システムで攻撃を検知。10%の端末でメールによりマルウェアが届いていたほか、7.9%の端末においてインターネット経由でマルウェアがダウンロードされていた。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
2016年4Qのインシデント、前四半期比1.5倍に - 制御システム関連も高い増加率
制御システムの脆弱性、3割以上が一時ゼロデイ状態
警察庁、2015年にC&Cサーバ48台をテイクダウン
2015年4Qはサイト改ざんが4割増 - CMSの脆弱性が標的に
2015年3Qはインシデント件数が減少 - 「標的型攻撃」は前期と同水準