Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答

2015年以降、約3分の1の金融機関がサイバー攻撃を経験しており、1割は攻撃により業務や経営などに影響を及ぼしたことがわかった。

20171020_ng_001.jpg
投資額推移(グラフ:日銀)

日本銀行が、サイバーセキュリティに関するアンケート調査を4月に実施し、明らかになったもの。当座預金取引先金融機関のうち、411機関が回答している。

2015年以降のサイバー攻撃について、31.3%が何らかの攻撃を経験。回答者全体の20.4%が「業務や経営に影響はなかったものの、事後対応を行った」と回答。一方で9.7%は「業務や経営に警備な影響があった」、1.2%は「攻撃が発生し、業務や経営に重大な影響があった」としている。

サイバーセキュリティに関する投資額は、2015年から年々増加しており、1金融機関あたりの平均で見ると、2017年は1億4880万円。2015年の8500万円から約2年で約1.7倍に拡大している。サイバーセキュリティに関連する経費も同様に増加傾向にあり、2015年の1億1380万円から2017年は1億7830万円へと上昇した。

(Security NEXT - 2017/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC