Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ

ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、スマートデバイス上にデータを残さない音声レコーディングアプリ「KAITO セキュアレコーダ on Cloud」を提供開始した。

同ソリューションは、スマートフォンやタブレット向けの音声録音アプリ。音声データを暗号化して非同期で自動的に「Microsoft Azure」へ転送し、転送後に録音データはデバイス上から自動的に削除される。

従来版では、オンプレミスへの対応のみだったが、あらたに「Microsoft Azure」への保存に対応した。スマートデバイス向けアプリは、iOSおよびAndroidに対応している。

100ユーザーより利用することが可能で月額利用料は10万円から。別途初期導入費用が必要。

(Security NEXT - 2017/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
SBTら3社、IoT機器の統合管理基盤開発で米Rambusと合意締結
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供