Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RSA、国内にデータセンター設置 - ID関連サービスの市場展開を強化

RSAは、日本国内にあらたなデータセンターを設置し、日本向けサービスについて強化を図った。

同社が展開するID認証、管理プラットフォーム「RSA ID Plus」の需要が増加することを見込み、日本市場に対する投資を強化したもの。

具体的に設置場所は明らかにされていないが、パブリッククラウドを活用し、地位的に離れた国内2拠点にデータセンターを設置した。国内に配置した背景には、各国で進むデータ規制への配慮やデータ越境を避けたい国内事業者の要求に応える狙いもある。

米国では、企業や連邦政府、州政府など、提供対象にわけてインフラを構築しており、日本に関しても今後の需要に応じて拡大していく可能性もある。

サービスそのものについても提供する地域ごとに微調整しており、日本国内から要望が多かった「RSA Authentication Manager」の内部ユーザーを「RSA ID Plus」へ移行するためのサポートなども追加。機能強化を行ったサービスについてもテストを終えており、まもなくサービスを開始する見込み。

同社は、日本について「極めて重要な市場」とコメントしており、ユーザーからのフィードバックや機能強化といったリクエストを優先して対応していく方針を示している。

(Security NEXT - 2023/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開