Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア

クラウドセキュアは、「WordPress」向けのセキュリティ対策プラグイン「CloudSecure WP Security」をリリースした。

同ソフトウェアは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」においてセキュリティ面を強化するブラグイン。ログイン画面のURLを変更でき、ログイン試行が複数回失敗した際のブロック機能を提供する。

またログインに成功した接続元IPアドレスのみ管理画面へのアクセスを許可したり、「REST API」や「XML-RPC」の無効化などに対応。ログインフォームやコメントフォームなどにおける画像認証の追加、メールによる更新通知などの機能を用意している。

当初は同社ウェブサイトにて同プラグインを公開。近くWordPress.orgのプラグインディレクトリより提供を開始する予定だという。

(Security NEXT - 2023/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分