Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動

東京海上日動火災保険は、Amazon Web Services(AWS)と技術連携すると発表した。クラウド環境のセキュリティ状況を保険料算出に反映したサイバー保険を展開するという。

同社によれば、AWS利用者の同意のもと、提出されたデータを活用。クラウドにおけるセキュリティ対策状況やリスク量の変化などのデータを活用し、クラウド環境に特化したサイバーリスク評価手法の研究や、保険の引受判断について高度化を図る。

2024年中には、AWSのセキュリティ対策状況をスコア化するセキュリティ体制管理サービス「AWS Security Hub」から得られたデータをリスク評価に活かし、保険料にも反映したサイバー保険を投入。2025年度以降、AWSパートナーネットワークと連携して同保険商品を広く展開したい考え。

将来的にはAWSの生成AIサービス「Amazon Bedrock」を活用し、クラウド上のセキュリティ対策状況をリスク評価し、タイムリーに保険料へ反映する保険商品の開発や、ウェブ上でシームレスに保険を契約できるサービスの提供を目指すとしている。

(Security NEXT - 2024/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表
グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし