Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開

サイバーセキュリティクラウド(CSC)は、ウェブAPIゲートウェイにおけるセキュリティ対策機能を提供するオープンソースソフトウェア「sasanka」を公開した。

同ソフトウェアは、マイクロサービスやAPIのゲートウェイとして動作する「Kong Gateway」向けのプラグイン。同社が自社開発のソフトウェアをオープンソースとして公開するのは今回がはじめてだという。

ヘッダにおける「オリジン間リソース共有(CORS)」や通信ホストのチェック機能、JSONスキーマのパラメータを検証する機能などを用意。

ライブラリベースでのSQLインジェクション攻撃の検出、クリックジャッキング攻撃の防御機能、テレメトリやログの出力機能などを提供する。

なお、カスタムプラグインのため「Kong」のdockerイメージでは利用できず、ソースから「Kong」を構築し、使用する必要がある。

(Security NEXT - 2024/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市