Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、米Cybereasonに1億ドルの追加出資 - 筆頭株主に

ソフトバンクは、米Cybereasonへ1億ドルの追加出資を行うと発表した。今後、日本総代理店のサイバーリーズン・ジャパンを通して国内事業を拡大するとしている。

同社では、これまでにも2015年9月に既存株主2社とあわせて総額5900万ドルを出資しており、今回の追加出資で筆頭株主となる。

また同社はCybereasonとの合弁で、サイバーリーズン・ジャパンを2016年1月に設立。AIを活用した企業向けのサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」の日本総代理店として、国内での販売を手がけている。

同社は今回の追加出資により、Cybereasonとの関係を強化。サイバーセキュリティ市場における「Cybereason」の競争力強化を図り、国内での事業展開に注力を図る。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
「サンリオタウン」の国内登録者は約5.2万人
中間貯蔵・環境安全事業の不正通信、情報流出は確認されず
中間貯蔵・環境安全事業から外部へ不正通信 - ネットワークを遮断
富士通、新ファンド設立 - セキュリティはじめイノベーション分野に投資
「JR九州」を名乗り個人情報を聞き出す電話に注意
米McAfee、重要インフラ向けセキュリティプラットフォームを開発
顧客情報含む書類3800件の紛失が判明 - 岐阜商工信組