Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、米Cybereasonに1億ドルの追加出資 - 筆頭株主に

ソフトバンクは、米Cybereasonへ1億ドルの追加出資を行うと発表した。今後、日本総代理店のサイバーリーズン・ジャパンを通して国内事業を拡大するとしている。

同社では、これまでにも2015年9月に既存株主2社とあわせて総額5900万ドルを出資しており、今回の追加出資で筆頭株主となる。

また同社はCybereasonとの合弁で、サイバーリーズン・ジャパンを2016年1月に設立。AIを活用した企業向けのサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」の日本総代理店として、国内での販売を手がけている。

同社は今回の追加出資により、Cybereasonとの関係を強化。サイバーセキュリティ市場における「Cybereason」の競争力強化を図り、国内での事業展開に注力を図る。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先従業員がシステムを不正閲覧、個人情報を漏洩 - 神戸市
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発