Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Struts 2」脆弱性狙うアクセスが継続中 - 当初の暫定対策だけでは危険

3月初旬に「Apache Struts 2」の深刻な脆弱性が判明したが、5月以降も同脆弱性を狙うアクセスが観測されている。発表から約2週間後に、より広範囲で脆弱性の影響を受けることが判明した経緯もあり、公表当初の暫定的な緩和策では被害を受ける可能性があるとして、警察庁が注意を呼びかけている。

問題の「CVE-2017-5638」は、ウェブアプリケーションのフレームワーク「Apache Struts 2」がデフォルトで利用する「Jakartaマルチパートパーサー」において、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。

3月6日に公表された際は、HTMLヘッダにおける「Content-Type」の処理から脆弱性を突くことが可能であるとされたが、同月20日には、「Content-Disposition」「Content-Length」などのHTMLヘッダを利用し、同脆弱性を悪用できることが判明している

警察庁によると、同庁の観測システムでは、当初明らかとなった「Content-Type」の処理を狙った攻撃活動と見られるアクセスを3月9日に観測。3月後半にピークを迎え、以降は減少しているが、4月以降も継続してアクセスを観測しているという。

20170531_np_001.jpg
「Content-Type」ヘッダより「CVE-2017-5638」を悪用する攻撃活動と見られるアクセスの観測状況(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック