Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が判明した問題で、従来とは異なる方法で脆弱性を悪用できることがわかった。開発チームやセキュリティ機関では、アップデートを呼びかけている。

20170321_as_001.jpg
開発チームが公表したアドバイザリ

問題の「CVE-2017-5638」は、デフォルトで利用する「Jakartaマルチパートパーサー」において、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。

当初、HTMLヘッダにおける「Content-Type」の処理に起因した脆弱性として3月6日に公表されたが、「Content-Disposition」「Content-Length」といったHTMLヘッダを細工することでも、悪用することが可能であることがあらたに判明したという。

今回の問題に対し、あらたなCVE番号は割り当てられておらず、従来同様「CVE-2017-5638」とされている。影響を受けるバージョンも「同2.3.31」から「同2.3.5」、および「同2.5.10」から「同2.5」までと変わりない。

これまで「CVE-2017-5638」の修正版としてアナウンスされてきた「同2.3.32」「同2.5.10.1」へアップデートすることにより、今回の問題についても解消することが可能。開発チームはこれらバージョンへのアップデートを推奨している。

「Apache Struts 2」に関しては、今回判明した問題以外にも代替のパーサーのひとつに挙げられていた「JakartaStreamMultiPartRequest」の問題が指摘されている。同パーサー変更しても、引き続き脆弱性に対する攻撃が成立することが判明したとして、JPCERTコーディネーションセンターが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒