Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消した「WordPress 4.7.5」がリリース - 即時更新を推奨

オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、脆弱性へ対処した「WordPress 4.7.5」をリリースした。

開発チームでは、今回のアップデートを「セキュリティリリース」に位置付けており、利用者に対して即時アップデートを実施するよう強く推奨している。

具体的には、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」や「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」のほか、リダイレクトにおける検証処理やXML-RPC APIのデータ処理に関する脆弱性など、あわせて6件のセキュリティに関する問題を解決したという。

またセキュリティ上の問題ではないが、3件の問題について修正した。利用者に対してダッシュボードなどからアップデート作業を行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WordPress向けデータインポート用プラグインに2件の脆弱性
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「WordPress」向けRetina対応プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
アップデート「WordPress 4.9.1」でセキュリティに関する問題4件を解決 - バグの修正も