Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか

警察庁は、TCP 5358番ポートに対するアクセスが1月下旬より増加しているとして注意喚起を行った。マルウェアへ感染したIoT機器が発信元とみられている。

20170322_np_001.jpg
TCP 5358番ポートに対するアクセスの推移(グラフ:警察庁)

同庁によれば、観測システムにおいて1月23日ごろよりTCP 5358番ポートに対するアクセスが増加しているという。発信元のIPアドレスを見ると、ベトナムや台湾、ブラジル、韓国、トルコなどが中心。発信元の52%が、telnetで利用するTCP 23番ポートに対してもアクセスを行っていた。

同庁が発信元IPについてブラウザで接続すると、いずれもネットワークカメラやルータなどネットワーク機器のログイン画面が表示される状態で、IoT機器がマルウェアへ感染し、攻撃の踏み台に利用されていると同庁では分析。

IoT機器へ感染するマルウェアとしては「Mirai」が有名だが、今回観測したアクセスでは、TCPシーケンス番号と宛先IPアドレスが一致する「Mirai」の特徴とは異なり、別のマルウェアが感染している可能性があるという。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定