Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE装う偽サイトに注意、8件を確認 - 時間帯指定の記載なくなる

SNSサービスの「LINE」を装い、利用者からアカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。複数の偽サイトが確認されており、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20170110_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃では、「LINE Corporation」「LINE」といった件名でメールが送信されており、「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました」などと不安を煽る内容だった。

またHTMLメールを用いて正規サイトへのURLに見せかけた本文中のリンクからフィッシングサイトへ誘導。すでに誘導先として8件のURLが確認されているという。

1月10日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、情報を提供してほしいとインターネット利用者へ呼びかけている。

「LINE」を名乗るフィッシング攻撃は、たびたび観測されており、報告件数の増加にもつながっている

11月以降に確認された攻撃では、偽サイトを利用できる時間帯を「毎日9時から20時まで」などと記載するケースが見られたが、今回こうした記載は見られなかった。

(Security NEXT - 2017/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE装う時間指定フィッシングが再発 - 「毎日9時から20時まで」
動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺
「セゾンNetアンサー」の偽サイトが大量発生
入力時間指定フィッシングを再び観測 - 偽LINEに注意
LINE装うフィッシング - 入力時間を指定「毎日9時から20時まで」
「LINE」利用者狙うフィッシング攻撃 - 「異常ログイン」と不安煽る
「DMM」装う架空請求 - SMSで法的措置と不安煽り、プリカ番号聞き出し
知人を装い電話番号や認証を聞き出す詐欺 - LINEの不正アカウント作成に利用
「LINE」に便乗した標的型攻撃が発生
「LINE」経由だけじゃない「プリカ番号教えて詐欺」 - 数百枚を送ってしまったケースも