Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応

ソフトバンクは、複数のスミッシング対策機能を6月23日より無料で提供する。送信元表示がアルファベットのメッセージについても拒否が可能となった。

「SMS(ショートメッセージサービス)」を利用したフィッシング詐欺の対策機能を、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOのユーザー向けに無償で提供するもの。

具体的には、差出人を詐称する「なりすましSMS」の拒否機能をはじめ、本文にURLが含むSMSを拒否する機能、機械学習を用いて「迷惑SMS」であるか判断し、拒否する「迷惑SMSフィルター」などを提供。

さらに従来より提供している「電話番号メール拒否・許可」の機能を強化。電話番号による指定にくわえて、アルファベットによる指定に対応した。

(Security NEXT - 2022/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ