Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力時間指定フィッシングを再び観測 - 偽LINEに注意

フィッシング対策協議会は、SNSサービスの「LINE」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20161221_ap_001.jpg
誘導先の偽サイト(画像:フィ対協)

今回確認された攻撃では、「LINE Corporation」「LINE」といった件名でフィッシングメールが送信されており、「アカウントで異常ログインが行われた」などと説明。ウェブページで検証を求めるように見せかけ、リンクより偽サイトへ誘導する。

メールに記載されたリンクは、HTMLメールにより誘導先のURLを偽装。誘導先のフィッシングサイトに関しては、すでに5種類のURLが確認されているという。

今回に限らず、LINEを偽装したフィッシング攻撃は、10月、11月とたびたび観測されている。11月に観測されたメールでは、誘導先の偽サイトが利用できる期間について「毎日9時から20時まで」と指定するなど特徴が見られたが、今回のメールでも同様の記載があった。

同協議会によれば、12月21日13時半の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響