Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力時間指定フィッシングを再び観測 - 偽LINEに注意

フィッシング対策協議会は、SNSサービスの「LINE」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20161221_ap_001.jpg
誘導先の偽サイト(画像:フィ対協)

今回確認された攻撃では、「LINE Corporation」「LINE」といった件名でフィッシングメールが送信されており、「アカウントで異常ログインが行われた」などと説明。ウェブページで検証を求めるように見せかけ、リンクより偽サイトへ誘導する。

メールに記載されたリンクは、HTMLメールにより誘導先のURLを偽装。誘導先のフィッシングサイトに関しては、すでに5種類のURLが確認されているという。

今回に限らず、LINEを偽装したフィッシング攻撃は、10月、11月とたびたび観測されている。11月に観測されたメールでは、誘導先の偽サイトが利用できる期間について「毎日9時から20時まで」と指定するなど特徴が見られたが、今回のメールでも同様の記載があった。

同協議会によれば、12月21日13時半の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミスでメアド流出 - キャンピングカーシェアサービス
「Azure」「Office365」で政府統一基準に準拠するためのリファレンス
2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
OWASP、開発段階のセキュリティ実装を支援するトレーニングイベント
韓NetSarang製サーバ管理ツールのアップデートにバックドア - 「PlugX」との類似点も
高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム