Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力時間指定フィッシングを再び観測 - 偽LINEに注意

フィッシング対策協議会は、SNSサービスの「LINE」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20161221_ap_001.jpg
誘導先の偽サイト(画像:フィ対協)

今回確認された攻撃では、「LINE Corporation」「LINE」といった件名でフィッシングメールが送信されており、「アカウントで異常ログインが行われた」などと説明。ウェブページで検証を求めるように見せかけ、リンクより偽サイトへ誘導する。

メールに記載されたリンクは、HTMLメールにより誘導先のURLを偽装。誘導先のフィッシングサイトに関しては、すでに5種類のURLが確認されているという。

今回に限らず、LINEを偽装したフィッシング攻撃は、10月、11月とたびたび観測されている。11月に観測されたメールでは、誘導先の偽サイトが利用できる期間について「毎日9時から20時まで」と指定するなど特徴が見られたが、今回のメールでも同様の記載があった。

同協議会によれば、12月21日13時半の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイボウズガルーン」にSQLiなど7件の脆弱性 - 修正版へ更新を
信用情報約3万件が更新漏れ、融資審査に影響の可能性 - 肥後銀
なぜ? 念入りにセキュリティソフトを暗号化対象からはずすランサムウェア
「Logic Pro X」がアップデート、脆弱性を修正
2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
MS、定例外の修正パッチを急遽リリース - Adobe Flash Playerの脆弱性に対処
OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス