Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力時間指定フィッシングを再び観測 - 偽LINEに注意

フィッシング対策協議会は、SNSサービスの「LINE」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20161221_ap_001.jpg
誘導先の偽サイト(画像:フィ対協)

今回確認された攻撃では、「LINE Corporation」「LINE」といった件名でフィッシングメールが送信されており、「アカウントで異常ログインが行われた」などと説明。ウェブページで検証を求めるように見せかけ、リンクより偽サイトへ誘導する。

メールに記載されたリンクは、HTMLメールにより誘導先のURLを偽装。誘導先のフィッシングサイトに関しては、すでに5種類のURLが確認されているという。

今回に限らず、LINEを偽装したフィッシング攻撃は、10月、11月とたびたび観測されている。11月に観測されたメールでは、誘導先の偽サイトが利用できる期間について「毎日9時から20時まで」と指定するなど特徴が見られたが、今回のメールでも同様の記載があった。

同協議会によれば、12月21日13時半の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意喚起を行うとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信