Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、2カ月連続で増加 - メールアカウント狙いの攻撃も

2016年12月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は465件となり、前月の約1.9倍とほぼ倍増した。

同協議会によると、12月に寄せられたフィッシングの報告件数は465件。11月の250件から215件の大幅な増加となった。

2015年12月より報告数が大幅に増加し、ピークを迎えた2月には3000件に迫る勢いを見せたが、4月以降は1000件以下で推移。10月には128件と37カ月ぶりに200件を下回る低水準を記録するも一転、2カ月連続で増加している。金融機関やオンラインゲームのほか、LINE、Appleといったブランドをかたるフィッシングの報告が増えたことが影響した。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は、前月を40件上回り199件。悪用されたブランドも前月から5件増加し、27件となった。

一部の金融機関を狙ったフィッシングメールに関しては、国内ISPのメールアカウントから送信されているという。国内ISPのメールアカウントを奪うことが目的と見られるフィッシングサイトも継続的に見つかっており、同協議会では引き続き警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
「5358番ポート」や「22番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
3月のフィッシング攻撃、報告減となるも誘導先URLは増加傾向
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
フィッシング攻撃の報告件数が4カ月連続で増加
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」