Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ

NTTドコモは、「ドコモメール」におけるフィッシング対策機能として、「ドコモメール公式アカウント」を5月中旬以降に追加する。

20210322_nd_001.jpg
ドコモメールのアプリやブラウザでは、「ドコモメール公式アカウント」より送信されたメールに緑のチェックマークが表示される(画像:NTTドコモ)

同機能では、同社や事前に申し込みを行った組織の公式アカウントより送信されたメールに対し、アプリやブラウザで提供する「ドコモメール」において、公式アカウントであることを示すチェックマークを表示するもの。判定には、送信ドメイン認証「SPF(Sender Policy Framework)」を使用する。

すでにSMBCグループ、佐川急便、日本郵政グループ、三菱UFJ銀行、LINE、楽天などが導入を決定しており、そのほかの企業や団体についても3月22日より申し込みの受け付けを開始。申し込み後に審査を行い、契約後に利用が可能となる。複数のメールアドレスをまとめて申し込むことも可能。

料金は無料。メールの受信者側にも料金は発生せず、自動的に適用されるが、「ドコモメール」の利用にあたり、「spモード」へ別途契約する必要がある。

(Security NEXT - 2021/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ