Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット公開が危険と感じる個人情報は「携帯電話番号」「顔」

インターネット利用者の約6割がSNSを通じて何らかの個人情報を公開しているとの調査結果をシマンテックが取りまとめた。公開している割合が最も高いのは10代後半から20代前半の女性だったという。

同社が、スマートフォンまたはタブレットを保有している15歳から69歳の男女を対象に調査を実施したもの。3296人から回答を得た。

同調査によると、インターネット上へ公開するともっとも危険と感じている情報は、「携帯電話番号」が90%で最多。「顔が分かる画像(84%)」が続く。

一方で回答者の8割以上がSNSを利用しており。具体的な公開範囲は不明だが、6割がSNS上で何らかの個人情報を公開していると回答した。公開している情報は、利用サービスによって異なる傾向が見られる。

実名の登録を規約で定めている「Facebook」では、「本名」が最多。それでも70%に過ぎなかった。非公開のグループなどで利用されるケースが多い「LINE」なども、36%が本名を公開している。

一方、不特定多数へ投稿を公開することが多い「Twitter」「Instagram」では「性別」が最多だった。またSNSの性質上、「Instagram」では顔を判別できる画像を公開しているとの回答も19%と性別に次いで多く、本名を公開しているケースも17%にのぼる。

20160923_sy_001.jpg
各SNSにおいて公開している個人情報の割合(表:シマンテック)

(Security NEXT - 2016/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用