Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表

マカフィーは、「マカフィー リブセーフ」など、2017年版のコンシューマー向けセキュリティ対策製品を10月14日より販売開始する。

同製品は、パソコンやスマートデバイスに対応したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

Windows版では、あらたなマルウェア対策エンジンを搭載。機械学習を行うクラウドベースのヒューリスティックエンジンを利用できるほか、顔認識や指紋などに対応し、他パスワード管理ソフトからのインポート機能を追加したパスワード管理機能「True Key」を提供する。

「マカフィー アンチウイルス」を除いて、対象ユーザーであれば台数に関係なくインストールでき、WindowsからMac、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスを保護できる。

価格は、マルウェア対策やファイアウォール、迷惑メール対策、True Keyなど、ファイル暗号化以外の機能を利用でき、クラウドストレージが付属するスイート製品「マカフィー リブセーフ」の場合、1ユーザー1年版が8208円。

そのほか、「マカフィー インターネットセキュリティ」や「マカフィー トータル プロテクション」、マルウェア対策に特化した「マカフィー アンチウイルス プラス」をラインアップとして用意。また「マカフィー リブセーフ」はプリペイドカード方式のPOSAカード版も提供する。

20160914_mf_001.jpg
各製品の搭載機能(表:マカフィー)

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず