Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのWindows向け製品に権限昇格の脆弱性

ESETのWindows向けエンドポイント製品において、権限昇格の脆弱性が明らかとなった。個人向け製品、法人向け製品のいずれも影響を受けるという。

コンシューマー向けの「ESET Internet Security」「ESET Smart Security」、法人向けの「ESET Endpoint Security for Windows」や「ESET Server Security for Microsoft Windows Server」をはじめとするサーバ向け製品など、Windows向けに提供されている同社エンドポイント製品に脆弱性「CVE-2021-37852」が判明したもの。

エンドポイント製品では、「Microsoft Antimalware Scan Interface(AMSI)」を用いて詳細スキャンを行う機能が用意されているが、脆弱性を悪用されるとローカル環境において権限を昇格されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.8」。ESETでは脆弱性の重要度を「高(High)」としている。Zero Day Initiative(ZDI)より脆弱性の報告を受けたもので、悪用は確認されていない。

同社では、Windows向けエンドポイント製品やサーバ製品向けに脆弱性へ対処したアップデートを12月より順次リリースしている。

また設定よりオプション「AMSIによる詳細検査を有効にする」をオフにすることで脆弱性の悪用を防止することができるとしている。

(Security NEXT - 2022/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市