Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのWindows向け製品に権限昇格の脆弱性

ESETのWindows向けエンドポイント製品において、権限昇格の脆弱性が明らかとなった。個人向け製品、法人向け製品のいずれも影響を受けるという。

コンシューマー向けの「ESET Internet Security」「ESET Smart Security」、法人向けの「ESET Endpoint Security for Windows」や「ESET Server Security for Microsoft Windows Server」をはじめとするサーバ向け製品など、Windows向けに提供されている同社エンドポイント製品に脆弱性「CVE-2021-37852」が判明したもの。

エンドポイント製品では、「Microsoft Antimalware Scan Interface(AMSI)」を用いて詳細スキャンを行う機能が用意されているが、脆弱性を悪用されるとローカル環境において権限を昇格されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.8」。ESETでは脆弱性の重要度を「高(High)」としている。Zero Day Initiative(ZDI)より脆弱性の報告を受けたもので、悪用は確認されていない。

同社では、Windows向けエンドポイント製品やサーバ製品向けに脆弱性へ対処したアップデートを12月より順次リリースしている。

また設定よりオプション「AMSIによる詳細検査を有効にする」をオフにすることで脆弱性の悪用を防止することができるとしている。

(Security NEXT - 2022/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か