Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Acronisの小規模環境向けバックアップ製品に複数の脆弱性

Acronisが提供するコンシューマーや小規模事業者向けバックアップ製品「Acronis Cyber Protect Home Office」に複数の脆弱性が明らかとなった。

Windows版にあわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。具体的には、フォルダ権限の取り扱いに問題があり、権限の昇格が生じるおそれがある「CVE-2022-44732」「CVE-2022-44733」が判明した。

さらにソフトリンクの取り扱いに問題がある「CVE-2022-44747」や、意図しないライブラリファイルを読み込む「CVE-2022-44744」など、権限の昇格が生じる脆弱性が明らかとなっている。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアについて「CVE-2022-44732」「CVE-2022-44733」のいずれも「7.3」とし、重要度を上から2番目にあたる「高(High)」とした。他脆弱性についてはCVSS基本値を「4.0」以下と評価している。

一方NVDでは、CVSS基本値について「CVE-2022-44732」「CVE-2022-44733」「CVE-2022-44747」を「7.8」とし、「CVE-2022-44744」を「7.3」と評価。重要度をいずれも「高(High)」とレーティングしている。

「CVE-2022-44732」「CVE-2022-44733」については「ビルド39900」にて修正。のこる4件については、「ビルド40107」にて解消しており、同バージョン以降へ更新するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー