Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意

SMBCコンシューマーファイナンスが展開する消費者金融サービスブランド「プロミス」になりすますフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

フィッシングメールは、「PROMISEのお知らせ」といった件名で送信されているもので、本文では「セキュリティシステムの大幅なアップグレードを実施している」などと説明。

「個人情報改善認証を行う必要がある」などとして偽サイトへ誘導し、「プロミスカード」の番号や暗証番号などを詐取しようとしていた。

1月12日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、類似した攻撃が展開される可能性もあるとして同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名