Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意

SMBCコンシューマーファイナンスが展開する消費者金融サービスブランド「プロミス」になりすますフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

フィッシングメールは、「PROMISEのお知らせ」といった件名で送信されているもので、本文では「セキュリティシステムの大幅なアップグレードを実施している」などと説明。

「個人情報改善認証を行う必要がある」などとして偽サイトへ誘導し、「プロミスカード」の番号や暗証番号などを詐取しようとしていた。

1月12日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、類似した攻撃が展開される可能性もあるとして同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性