Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのmacOS版に保護機能を無効化できる脆弱性

ESETが提供するエンドポイント向けセキュリティ対策ソフトのmacOS版にサービス拒否の脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

ESETが法人向けに提供するエンドポイント製品「ESET Endpoint Security」や、コンシューマー向け製品「ESET Cyber Security」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2021-37850」が明らかとなったもの。

ローカルの細工したグラフィカルユーザーインタフェースより複数の再起動コマンドを送信することで、同製品のデーモンが停止し、保護機能が無効となるおそれがある。10月20日の時点で悪用は確認されていない。

ESETでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「5.5」、重要度を「中(Medium)」と評価している。

9月に海城高校の周廷叡氏が情報処理推進機構(IPA)や開発者に報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。ESETでは10月7日に脆弱性を修正した「ESET Cyber Security 6.11.2.0」「同Pro」「ESET Endpoint Security for macOS 6.11.1.0」「ESET Endpoint Antivirus for macOS 6.11.1.0」をリリースしている。

(Security NEXT - 2021/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
東大関係者を装った迷惑メールに注意 - 学外から実在しないメアドで
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会