Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのmacOS版に保護機能を無効化できる脆弱性

ESETが提供するエンドポイント向けセキュリティ対策ソフトのmacOS版にサービス拒否の脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

ESETが法人向けに提供するエンドポイント製品「ESET Endpoint Security」や、コンシューマー向け製品「ESET Cyber Security」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2021-37850」が明らかとなったもの。

ローカルの細工したグラフィカルユーザーインタフェースより複数の再起動コマンドを送信することで、同製品のデーモンが停止し、保護機能が無効となるおそれがある。10月20日の時点で悪用は確認されていない。

ESETでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「5.5」、重要度を「中(Medium)」と評価している。

9月に海城高校の周廷叡氏が情報処理推進機構(IPA)や開発者に報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。ESETでは10月7日に脆弱性を修正した「ESET Cyber Security 6.11.2.0」「同Pro」「ESET Endpoint Security for macOS 6.11.1.0」「ESET Endpoint Antivirus for macOS 6.11.1.0」をリリースしている。

(Security NEXT - 2021/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性