Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版

FFRIセキュリティは、コンシューマーや小規模事業者を対象としたセキュリティ対策ソフトの新版「FFRI yarai Home and Business Edition Version 1.4」を提供開始した。

同製品は、同社の法人向け製品「FFRI yarai」と同じ検索エンジンを搭載した小規模環境向けセキュリティ対策ソフト。「Windows 11」に対応しており、標準搭載している「Microsoft Defender」や他セキュリティ対策ソフトとの併用に対応している。

新版では最新エンジンを搭載し、各種エンジンやファイルレスマルウェア対策、アプリ単位による例外の設定など有効化、無効化について利用者が選択できるようになった。またユーザーの意図しないyaraiサービスの停止を感知し、自動で再起動する機能を追加している。

価格はダウンロード版、パッケージ版いずれもオープン。

(Security NEXT - 2022/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ