Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、オンラインのセキュリティ講座で職員を研修

政府は、オンライン講座を活用し、職員を対象とした情報セキュリティの研修を実施する。

同研修は、サイバーセキュリティ戦略本部が3月に決定した「サイバーセキュリティ人材育成総合強化方針」に基づき、政府機関のサイバーセキュリティ人材の育成を目的に実施するもの。

基本的な知識を学ぶ教材として、ドコモgaccoが運営する無料オンライン大学講座「gacco」で配信された「情報セキュリティ初級」を採用。情報セキュリティ大学院大学が2015年10月より配信していた講座で、同大大学院教授陣が講師を務めている。

実施期間は8週間の予定で、動画やテストを通じて、セキュリティはもちろん、関連法規などの基礎知識、サイバー攻撃対策、暗号化技術、リスクマネジメントなどを学ぶ。

20160915_nt_001.jpg
講義の概要(表:ドコモgacco)

(Security NEXT - 2016/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし