Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開

Appleは現地時間5月13日、同社スマートデバイス向けにセキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性を修正している。

「iOS 17.5」「iPadOS 17.5」では、14件の脆弱性を修正した。カーネルに明らかとなった任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2024-27818」や「AppleAVD」の脆弱性「CVE-2024-27804」を解消。

位置情報を取得されるおそれがある「探す」の「CVE-2024-27839」や、「地図」の「CVE-2024-27810」のほか、「スクリーンショット」や「同期サービス」「音声コントロール」「WebKit」に関する脆弱性などに対応している。

同日、あわせて「iOS 16.7.8」と「iPadOS 16.7.8」をリリースした。ゼロデイ脆弱性として3月に「iOS 17.4」などで修正されていた「RTKit」の脆弱性「CVE-2024-23296」へ対処した。あわせてユーザーの機密情報へアクセスが可能となる「CVE-2024-27789」を修正している。

また「Apple Watch」向けに「watchOS 10.5」、「Apple TV」向けに「tvOS 17.5」をリリースした。「iOS 17.5」「iPadOS 17.5」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-42893
CVE-2024-27796
CVE-2024-27803
CVE-2024-27804
CVE-2024-27810
CVE-2024-27816
CVE-2024-27818
CVE-2024-27821
CVE-2024-27834
CVE-2024-27835
CVE-2024-27839
CVE-2024-27841
CVE-2024-27847
CVE-2024-27852

(Security NEXT - 2024/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表
グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし