Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署

苫小牧労働基準監督署において被災労働者の個人情報含むファイルを誤送信する事故が発生したことがわかった。

北海道労働局によれば、4月8日に苫小牧署より災害防止団体22団体へ災害発生状況をメールで送信する際、労働者が労働災害などで死亡や休業した際に事業者より報告された「労働者死傷病報告」に基づき作成した表計算ファイルを誤って送信するミスがあったという。

2022年から2024年3月までに発生したあわせて1894件の被災労働者に関する個人情報が記載されており、氏名、生年月日、事業場名などが含まれる。また被災労働者が所属する事業場の名称、所在地、代表者氏名などの情報も含まれる。

同日、メールの受信者から指摘があり問題が判明した。送信先の団体へメールの削除を依頼するとともに、電話で連絡を取り、メールが削除されたことを確認した。また資料に掲載されていた関係者に対して個別に連絡を取っている。

今回の問題を受け、外部に業務データを提供する際に表計算ファイルによる提供を原則禁止し、必要に応じて所属長の許可を得ることとした。また添付ファイルの資料に個人情報が入ったファイルが含まれていないか複数で確認するなどメール送信時の作業手順について見直し、マニュアルに追記するとともに研修を実施するとしている。

(Security NEXT - 2024/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正