Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Locky」が大規模展開 - 巧妙な検知回避も

端末内のファイルを暗号化し、復号するためのキーを交換条件に金銭を要求するランサムウェア「Locky」が、活発な動きを見せている。あらたな攻撃手法も複数確認されており、引き続き注意が必要だ。

米FireEyeが8月前半に確認した大規模なキャンペーンでは、メールへ添付するファイルとして「.docm」を拡張子に持つマクロを含んだWordファイルを利用していた。

活動国を見ると米国が最多だが、日本が次いで多い。韓国、さらにタイ、シンガポールが続き、上位5カ国中4カ国がアジア圏に集中していた。

一方、添付ファイルにJavaScriptを用いた攻撃も引き続き確認されている。JavaScriptを含むzipファイルを送りつける攻撃だが、検出を回避するあらたな手法をトレンドマイクロが確認している。

問題のJavaScriptは難読化されており、独自のストリーム暗号を用いて外部から「Locky」をダウンロード。ダウンロード元は、スクリプト内に記載された複数のURLからランダムに選択しており、ダウンロードできない場合は他URLを利用するしくみだった。

(Security NEXT - 2016/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減