Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

道総研のPCがマルウェア感染 - 外部と不正通信

20160817__hs_001.jpg

北海道立総合研究機構は、同機構環境科学研究センターのパソコンがマルウェアに感染し、外部との不正な通信を行っていたことを明らかにした。

音響データの分析に用いているパソコン1台がマルウェアに感染し、8月5日9時過ぎから13日1時半ごろにかけて、内部サーバを経由して外部と不正通信を行っていたもの。8月15日18時半過ぎに、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から情報提供があり、問題に気が付いた。

流出したデータは特定されていないが、対象のパソコンに保存されていたのは、音響データやパソコンを使用している職員の出張計画などに限られ、機密情報は保存されていないという。

同機構では不正アクセスの判明後、同センターのシステムを外部ネットワークから遮断し、使用を停止。他端末の感染状況を確認するとともに、今回感染したマルウェアの種類や感染経路について調査を進めている。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
保健所で個人情報含む書類を紛失 - 大阪府
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社