Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染、6割超が身代金を支払い - 1割弱が被害1億円以上

データを暗号化するランサムウェアへ感染した企業や組織において、6割超が攻撃者へデータの復旧を引き替えに金銭を支払っていたことがトレンドマイクロの調査により判明した。そのうち16.1%では1000万円以上を支払っていたという。

同社が企業や組織のIT施策において意思決定へ関与する534人を対象にランサムウェアに関する意識調査をインターネットを通じて実施したもの。

調査対象の25.1%にあたる134人が、暗号化型、あるいはロック型のランサムウェアによる攻撃に遭ったことがあると回答。

そのうち暗号化型ランサムウェアの被害に遭った99人に対し、身代金の支払いについて尋ねたところ、62.6%が攻撃者の要求に応じて金銭を支払った経験があったという。

支払った合計金額を尋ねたところ、57.9%が「300万円以上」と答えており、1000万円以上を支払ったケースも16.1%あった。

20160801_tm_001.jpg
身代金の支払額(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減