Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染、6割超が身代金を支払い - 1割弱が被害1億円以上

データを暗号化するランサムウェアへ感染した企業や組織において、6割超が攻撃者へデータの復旧を引き替えに金銭を支払っていたことがトレンドマイクロの調査により判明した。そのうち16.1%では1000万円以上を支払っていたという。

同社が企業や組織のIT施策において意思決定へ関与する534人を対象にランサムウェアに関する意識調査をインターネットを通じて実施したもの。

調査対象の25.1%にあたる134人が、暗号化型、あるいはロック型のランサムウェアによる攻撃に遭ったことがあると回答。

そのうち暗号化型ランサムウェアの被害に遭った99人に対し、身代金の支払いについて尋ねたところ、62.6%が攻撃者の要求に応じて金銭を支払った経験があったという。

支払った合計金額を尋ねたところ、57.9%が「300万円以上」と答えており、1000万円以上を支払ったケースも16.1%あった。

20160801_tm_001.jpg
身代金の支払額(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

54%の企業が2017年にランサムウェア攻撃を経験 - 平均損害額は13万ドル
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず