Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染、6割超が身代金を支払い - 1割弱が被害1億円以上

20160801_tm_002.jpg
被害額の合計額(グラフ:トレンドマイクロ)

データやシステムの復旧、対応費用、売上機会の損失、株価やブランドへの影響など、ランサムウェアの感染により生じた被害額の合計について尋ねたところ、500万円以上が46.9%にのぼった。

また8.1%と1割近くが被害額を「1億円以上」としており、これには10億以上とする企業3.7%も含まれる。

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験