Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃受け、ウェブやメールシステムを停止 - 三豊市

香川県三豊市は、サイバー攻撃を受けたとして、ウェブサイトやメールシステムを停止したと発表した。

同市によれば、同市で利用するパソコンにおいて、マルウェア添付メールによる攻撃を受けたことが、6月21日16時半ごろに判明したという。マイナンバーや住民基本台帳を扱うネットワークに関しては、インターネット接続環境と分離しており、影響を受けないとしている。

同市では、同日17時からメールシステムおよびウェブサイトを停止。ウェブサイトについては、29日11時に再開したが、メールシステムについては復旧作業を進めている。

メールによる問い合わせは、受けることができないため、同市への問い合わせなどは電話を用いるようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
Flashゼロデイ攻撃、APTグループ「ScarCruft」関与か - EMETで回避可能
メール添付ファイルや記載URLの危険性をチェックするサービス - BIGLOBE