Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関

東京大学の研究機関である未来ビジョン研究センター(IFI)においてマルウェアの感染が発生し、個人情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同大によれば、2022年7月中旬ごろに受信した標的型攻撃メールによって同センターで管理するパソコンがマルウェアへ感染したもの。

同年9月中旬に感染が発覚。端末を隔離した上で調査を進めていたが、2023年1月下旬に個人情報が流出した可能性があることがわかった。

具体的には、同大学生に関するメールアドレスや学籍番号など38件、住所やメールアドレス、一部銀行口座など事務手続き書類に関する情報23件などが流出した可能性がある。

さらに同センター教員が責任者を務める研究ユニット関係者のメールアドレス13件、会議出席者のメールアドレス46件、同センター主催イベントやプログラムの案内先となったメールアドレス87件なども窃取されたおそれがある。

今回の問題を受け、同センターでは対象となる関係者へ個別に連絡を取り、経緯の報告や謝罪などを行っている。

(Security NEXT - 2023/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
中学校で生徒用端末から教員用資料が閲覧可能な状態に - 文京区
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
マイナンバー含むデータ入力を委託先が無断で再委託 - 熊谷市
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Tomcat」にアップデート - 「同8.5.x」は3月31日にサポート終了