Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ設定ミスで個人情報を誤公開 - 宮崎大

宮崎大学のウェブサイトにおいて、学生や退職した教員16人の個人情報が1カ月以上にわたって外部に公開されていたことがわかった。

同大によれば、学部のウェブサイトにおいて、4月15日から5月26日までの間、個人情報が含まれたファイルが学外から閲覧可能な状況だったもの。サーバにおけるアクセス制限の設定ミスが原因としている。問題発覚後、同ファイルを置いたディレクトリを閲覧できないよう修正した。

外部から閲覧可能だったのは、学生や卒業生、退職した教員あわせて16人分の個人情報。氏名や生年月日、入学年度、認定科目名と単位数、出身校、学生の身分異動内容などが含まれる。

同大学では関係者に説明し、謝罪。被害などの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
学生向けのメールで誤送信が相次いで発生 - 同志社大
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
メール誤送信で卒業生などのメアド流出 - 上越教育大
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大