Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「U-22プログラミング・コンテスト2016」の詳細が決定

22歳以下の若年層を対象とした「U-22プログラミング・コンテスト2016」の詳細が決定した。応募要領が公開されている。

同イベントは、IT人材の発掘と育成を目的として開催しているコンテスト。経済産業省が1980年にスタートさせ、2014年に民間へ移行。現在は、「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催している。

参加資格は、1994年4月2日以降に生まれた国内居住者。チーム参加の場合も同じだが、同じ学校に所属する学生であれば23歳以上も参加できる。募集作品は、未発表または2015年9月1日以降に発表したオリジナルのみで、ジャンルやプログラミング言語は問わない。

応募受付は7月1日より開始し、締め切りは8月25日。一次審査を経て10月2日に最終審査会を行い、各賞を決定する。最終審査会は、一般の聴講も可能。応募の詳細などは、公式サイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2016/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告