Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、個人番号の収集を行う複合機用アプリを無償提供

リコージャパンは、複合機用アプリケーション「マイナンバー申請ツール」の無償提供を、8月下旬より開始する。

同製品は、複合機によるマイナンバーの収集が可能となるソフトウェア。社員番号をQRコードで印字した従業員ごとの専用申請用紙を複合機から印刷し、従業員が個人番号を記入。管理者が確認したうえで、複合機のスキャンにより申請する。

対象機器はRICOH MP C8002/C6502/C6003/C5503/C4503/C3503/C3003/C2503/C1803の各シリーズ。ツールは無料で利用できるが、設置指導料金が別途必要になる。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託