Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」のセキュリティアップデート、早期適用の重要性

「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開したタイミングから、わずか数日といった短いスパンで攻撃コードが登場している。コードが公開され、容易に悪用が可能となるケースも少なくない。

米国時間5月12日、Adobe Systemsはセキュリティアップデートである「APSB15-09」を公開し、「Adobe Flash Player」の脆弱性18件を修正した。同社は72時間以内にできるだけ早くアップデートするよう呼びかけている。

72時間を短いと感じたり、少々オーバーな表現ではないかと勘ぐるユーザーもいるかもしれない。しかし、こうした「タイムリミット」は、現実的なものだ。たとえば、米国時間4月14日に公開し、22件を修正したセキュリティアップデート「APSB15-06」はその良い例と言える。

同アップデートには、ロシア政府の関与疑惑も出ている標的型ゼロデイ攻撃に用いられた脆弱性「CVE-2015-3043」が含まれており、早急な適用が呼びかけられたが、早急に対応すべき理由はゼロデイ攻撃が発生していただけに限らない。攻撃が確認されていなかった脆弱性についても、公開により攻撃のリスクが高まるためだ。

セキュリティベンダーによって一部見解は異なるが、4月のアップデートが公開された3日後には、エクスプロイトキットである「Angler」により、同アップデートで修正された脆弱性「CVE-2015-0359」の悪用が確認された。まさにAdobeが適用を推奨した72時間の経過とともに、エクスプロイトキットによる悪用がはじまったことになる。

(Security NEXT - 2015/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ