Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動

LinuxやBSDが稼働するサーバをターゲットとするマルウェア「Mumblehard」が確認された。少なくとも5年以上活動していると見られている。

ESETによれば、「Mumblehard」は、感染したサーバにバックドアを設置。プロクシとして動作するほか、スパム送信に利用されていた。「Mumblehard」は少なくとも2009年より活動しており、2014年9月から2015年4月までの約7カ月間に、8867件のユニークなIPアドレスから「Mumblehard」による通信を確認したという。

暗号化されたPerlプログラムがELFバイナリファイルに含まれるほか、アセンブリ言語を駆使するなど洗練された技術力のもと作成されていると同社は分析している。

おもな感染経路は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Wordpress」や「Joomla」のエクスプロイト。くわえてESETは、別の感染経路として「Yellsoft」が販売するメール送信ソフト「DirectMailer」の海賊版を挙げており、さらに「Mumblehard」と「Yellsoft」との強い関連性について言及している。

具体的には、プログラムに含まれるコマンド&コントロールサーバのIPアドレスが、同社ウェブサーバと同じIPアドレスの範囲に含まれていたと指摘。「Mumblehard」が「DirectMailer」の海賊版をインストールすることにくわえ、「DirectMailer」「Mumblehard」に同じ圧縮ツールが使われていたという。

(Security NEXT - 2015/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「McAfee DXL」に複数の脆弱性 - サービス拒否や情報漏洩のおそれ
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
「Chrome 72」が公開、セキュリティに関する修正は58件
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ
Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを