Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス

NTTコミュニケーションズは、企業向けシングルサインオン(SSO)サービス「ID Federation」を提供開始した。

同サービスは、クラウドとオンプレミスの業務アプリケーションを導入しているハイブリッド環境において、各種アプリを1つのIDで認証できるシングルサインオンソリューション。2014年12月からのトライアルを展開していたが、本格提供を開始した。

米Ping Identityの技術を一部採用することで、同社が提供するSaaSのみならず「Office 365」「Salesforce」「Box」「Google Apps」など1600以上のサービスや、既存のオンプレミスシステムにおけるシングルサインオンに対応しているという。

標準機能として備えるリスクベース認証にくわえ、機体認証、タイムベースワンタイムパスワード(TOTP)認証、スワイプ認証、Active Directory連携など、オプションで用意した。

料金は、同社SaaSへのシングルサインオン機能、IDとパスワードによる認証、リスクベース認証、「Active Directory Federation Service」による認証が利用できる基本メニューが月額108円/ID。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応