Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス

NTTコミュニケーションズは、企業向けシングルサインオン(SSO)サービス「ID Federation」を提供開始した。

同サービスは、クラウドとオンプレミスの業務アプリケーションを導入しているハイブリッド環境において、各種アプリを1つのIDで認証できるシングルサインオンソリューション。2014年12月からのトライアルを展開していたが、本格提供を開始した。

米Ping Identityの技術を一部採用することで、同社が提供するSaaSのみならず「Office 365」「Salesforce」「Box」「Google Apps」など1600以上のサービスや、既存のオンプレミスシステムにおけるシングルサインオンに対応しているという。

標準機能として備えるリスクベース認証にくわえ、機体認証、タイムベースワンタイムパスワード(TOTP)認証、スワイプ認証、Active Directory連携など、オプションで用意した。

料金は、同社SaaSへのシングルサインオン機能、IDとパスワードによる認証、リスクベース認証、「Active Directory Federation Service」による認証が利用できる基本メニューが月額108円/ID。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス