Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス

NTTコミュニケーションズは、企業向けシングルサインオン(SSO)サービス「ID Federation」を提供開始した。

同サービスは、クラウドとオンプレミスの業務アプリケーションを導入しているハイブリッド環境において、各種アプリを1つのIDで認証できるシングルサインオンソリューション。2014年12月からのトライアルを展開していたが、本格提供を開始した。

米Ping Identityの技術を一部採用することで、同社が提供するSaaSのみならず「Office 365」「Salesforce」「Box」「Google Apps」など1600以上のサービスや、既存のオンプレミスシステムにおけるシングルサインオンに対応しているという。

標準機能として備えるリスクベース認証にくわえ、機体認証、タイムベースワンタイムパスワード(TOTP)認証、スワイプ認証、Active Directory連携など、オプションで用意した。

料金は、同社SaaSへのシングルサインオン機能、IDとパスワードによる認証、リスクベース認証、「Active Directory Federation Service」による認証が利用できる基本メニューが月額108円/ID。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO