Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応

NTTドコモは、同社メールサービス「ドコモメール」に送信ドメイン認証「DKIM」および「DMARC」を導入したと発表した。

なりすましメール対策を強化する取り組みの一環で、受信メールに対して従来の「SPF」にくわえて、「DKIM」および「DMARC」による認証に対応したもの。「ドコモメール」の利用者は迷惑メール対策機能より、これら認証によるメールのチェック機能を無料で利用できる。

メールを送信する事業者、組織では「DMARC」を設定し、「なりすましメール」に対して受信を拒否するなどポリシーをあらかじめ設定しておくことで、「ドコモメール」の利用者に自組織のドメインを偽装したメールが着信するリスクを低減することができる。

また同社や契約組織の公式アカウントより発信されたメールであることを確認できるサービス「ドコモメール公式アカウント」を2021年5月より提供しているが、メール送信側としても「DKIM」「DMARC」に対応。

「ドコモメール公式アカウント」より発信されたメールに関しては、「ドコモメール」で受信した場合に「SPF」「DMARC」による認証に成功したことを示すマークを表示する。

(Security NEXT - 2022/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

休眠預金の一部印鑑票が所在不明に - みなと銀
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池
PDF生成に用いられるPHPライブラリに深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」のクライアントなどに脆弱性 - アップデートで修正
個人情報保護スタンプにインク交換モデル - 新インク搭載
県税関連情報を第三者へ漏洩、電話照会への対応で - 長野県
不正アクセスの認知件数が前年比約45%増 - 検挙者は9.4%増加
公文書の誤廃棄で福祉事務所職員3人を処分 - 三重県
クレカセキュリティGLが改訂 - 2025年までに「EMV-3Dセキュア」原則導入