Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET、Facebookユーザー向けセキュリティサービスを無償提供

ESETは、SNSサービス「Facebook」において不審な動作をチェックしてマルウェアを検出する無償サービス「ESET Online Scanner for Facebook」を提供している。

Facebookでは、セキュリティベンダーとマルウェア対策プロジェクトを推進しており、同プロジェクトに参加しているESETが、オンラインスキャナーの提供を開始したもの。Facebookユーザーであれば、無償で利用できる。

同サービスでは、ユーザーがFacebookのアカウントにログインすると、スパムや不正リンクの送信などの不審な動作を自動的にチェック。検出時にはスキャンの実行を促すメッセージを表示する。

スキャナーソフトは、インターネットよりダウンロードし、Facebookにログインしたまま実行することが可能。スキャンの結果はFacebook経由で通知され、マルウェアが検出された場合は駆除を行うことができる。

(Security NEXT - 2015/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD