Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET、Facebookユーザー向けセキュリティサービスを無償提供

ESETは、SNSサービス「Facebook」において不審な動作をチェックしてマルウェアを検出する無償サービス「ESET Online Scanner for Facebook」を提供している。

Facebookでは、セキュリティベンダーとマルウェア対策プロジェクトを推進しており、同プロジェクトに参加しているESETが、オンラインスキャナーの提供を開始したもの。Facebookユーザーであれば、無償で利用できる。

同サービスでは、ユーザーがFacebookのアカウントにログインすると、スパムや不正リンクの送信などの不審な動作を自動的にチェック。検出時にはスキャンの実行を促すメッセージを表示する。

スキャナーソフトは、インターネットよりダウンロードし、Facebookにログインしたまま実行することが可能。スキャンの結果はFacebook経由で通知され、マルウェアが検出された場合は駆除を行うことができる。

(Security NEXT - 2015/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ