Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookに鹿児島県知事の偽アカウント - 公式上回るフォロワーを獲得

鹿児島県は、同県が運営する公式Facebookアカウント「鹿児島県知事塩田康一」のなりすましアカウントについて注意を呼びかけた。多数のフォロワーを獲得しているという。

同県によれば、無関係の第三者により作成された「鹿児島県知事塩田康一」を名乗るアカウント1件をFacebookにて確認したもの。同県問い合わせフォームより情報提供があり存在に気づいたという。

問題のアカウントは2022年6月4日に開設されており、2024年2月1日にプロフィールやカバー写真を変更。公式アカウントで投稿された内容などを無断で転用している。

同アカウントから友達リクエストが送信されており、フォロワー数は4000件以上にのぼる。2000件弱である公式アカウントを大きく上回るフォロワーを獲得していた。

同問題を受けて、同県ではFacebookの運営会社であるMeta Platformsに通報し、対応を求めているが、2月9日の時点でなりすましアカウントの削除には至っていない。

(Security NEXT - 2024/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
MS、2月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性2件に対応
郡山市の偽Facebookアカウント - 「プレゼント当選」などと誘導
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
ケーズデンキ通販サイトに不正ログイン - 約300万円の不正注文
統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン